こんな人がいます

理事紹介

理事長:下澤純子(しもさわじゅんこ)

特定非営利活動事業本部長

NPO法人ピュアスマイルスタジオ理事長の下澤純子と申します。
この団体は、仕事を通してがんの人とそうでない人が歩み寄るための活動をしています。
「がんでも働く人を増やしたい!」
という思いがあります。

私は、2019年3月5日に左胸乳がんの告知を受けました。
その日にブログで自分ががんであることを公開してしまい、すぐに後悔することになります。

がんに罹患すると、生活環境が今までと大きく変わります。
治療が大変なのはもちろんなのですが、他者からの見られ方に悩むようになります。
がんというだけで仕事もいただけなくなり、もちろんそれは善意でもあり。
結果、私は

「生きづらい」

と感じるようになりました。
これが、がんの人が声を上げづらくなり、実情が伝わらない原因と気づきます。いわゆる、『水面下』となるのです。

がんの人と、そうでない人のちょっとしたすれ違いが溝になり、それまでの人間関係が壊れていく。それはお互いにとって寂しい出来事です。

両者の本当によい関係とは、今まで通りでありながら、お互いが理解し合い、共有し合うことです。昔と治療法が変わっているなら職場の受け入れ方も変わって当然です。

「今日は治療なので休みますね」
「分かりました、頑張って!」
が普通に飛び交う世の中になるように。

また、がんになることでこんな仕事に出会えた、こんなポジションに就くことができた、など、ピュアスマイルスタジオが、がんの人に、プラスへのヒントを与えられたら嬉しく思います。

監事:光本記代美(みつもときよみ)

栃木県で保険代理店に勤務しております。

仕事柄、がんに罹患されたお客様からご請求を頂くときに、治療の大変さ、お金の工面の大変さ、保険について、がんになる前と後の仕事のやりにくさ…などお話いただくことがあります。

ネットで保険に加入できる今、保険料の安さをアピールしたCMもたくさん流れています。

ただ、人口の3人に2人はがんに罹患する現代。

きちんとした情報提供があれば、保険も『保険料が安い!』だけに囚われすぎず、治療費の準備や減収に対する準備の手助けになると考えています。

保険は、使わない時は無駄な買い物かもしれませんが、いざという時は本当に助けになります。

『正しい情報と知識を元にしたライフプランニングを』を心に日々従事しています。

理事:鍵麻由(かぎまゆ)

Key for smile代表
一般社団法人 お話美人協会理事
ピンチをチャンスに変える「心の回復力」の伝道師。
イベントMC / 大学・専門学校講師
<担当講座>コミュニケーション・プレゼンテーション・ビジネスマナーなど
東京音楽大学卒業後、外資系企業(国際宅配便・ゴルフメーカー・IT企業など)で、営業や秘書を担当。
20年間で約12万人への営業を経験。
また、エグゼクティブの秘書経験を通し、人に与える第1印象やコミュニケーションなどの対人スキルが、ビジネス・プライベート共に大きな影響を与えることを実感し、研究を開始。
2009年3月(当時35歳)初の人間ドックで乳がんと宣告され、突然5年生存率が40%台だと知る。「絶対に40歳を迎える!まだやり残したことがある!」と、「死」を意識した事で、より一層「生きる」にフォーカスする。
2016年 定期検査で再発乳がんと診断される。
「1度しかない人生、やりたい事をやる!」と決めて、治療と向き合いながらも、ミュージカル・スピーチコンテストなどにチャレンジ。
2021年12月 人生最大のピンチ。突然「立つ・歩く」ができなくなり、緊急手術。乳がんの骨転移による脊髄損傷。
2023年7月現在 リハビリ・治療の効果もあり、車椅子は卒業し、驚異的なスピードで回復。
「大切なものを大切にする」生き方を見直し、健康・家族との時間を最優先と決め、「今を笑顔で生きる」毎日をアップデート中。
2017年 キラキラ女性講演会グランプリ受賞
2020年 レッツゴー動画部主催「スピーチコンテスト」初代MVP受賞
note 【人生はポンポン拍子♬】

理事:山下裕子(やましたひろこ)

山下裕子(やましたひろこ)と申します。

長く看護師としてがん患者さんのお世話をしてきました。

また母が肺がんを患いまして自宅で看取った経験もあります。

さらに私自身甲状腺がんを患い、十年経って医師より「卒業」のお墨付き頂いた2ヶ月後、今度は白血病になりました。

医療者、がん患者の家族、がん患者としての経験を活かし、がん患者が生きやすい世界になるための発信をしていきたいと思います。

理事:鈴木知子(すずきともこ)

こんにちは。

ピュアスマイルスタジオの理事となりました、鈴木知子です。

パワースポット巡りとお菓子が大好きです!

☆がんと向き合いながら働ける社会作りのお手伝いがしたい

☆がんと闘う親を支えるお子さんの笑顔を護りたい

そんな気持ちでピュアスマイルスタジオに参加しました。

楽しく明るく笑顔で、パワースポットやお菓子を活かして私らしく活動していきます!

理事:堀越文伸(ほりこしふみのぶ)

現在、スマイルマルシェの中の1コンテンツである、『ラーメンマルシェ』の主催を務めております、堀越です。

私自身はがん経験者ではありませんが、乳がんに罹患した妻の、治療から今に至るまでを間近で見てきました。

治療の辛さ、抗がん剤の副作用もそうですが、実際一番苦しめられていたのは、人間関係や社会的な立場の望まない変化でした。しかもそれは、殆どが悪意によるものではなく、「こういうもの」という間違った認識から生み出される「善意の言葉」が原因でした。

がん患者の家族として、生きづらさを感じ悩む姿を見続けた者として、少しでも正しい情報を伝えていけたらと思っております。

社員:新屋勝一(しんやしょういち)

こんにちは!

新屋勝一(しんやしょういち)と申します。

国立大学を卒業後、生命保険会社に4年勤務し、その後人材会社にてヘッドハンティングの営業をしています。

私は生命保険、転職と人生を左右するライフイベントに関わる仕事をしてきた中で、お客さまと長く関わる関係を築きたい、自分と出会った人の心が軽くなるような存在でいたいと思っています。

仕事も含め年間200名以上の方と新規でお話する中で様々な価値観の方がいらっしゃいました。

若くしてガンになられた、LGBTQ、ヤングケアラー、母子・父子家庭など、十人十色、人それぞれのバックボーンがある中で、そういった方が生きやすい世の中になっているか。多様性を受け入れられる方がどれだけいるのか。と考えました。

便利でありながら、「生きづらい」世の中になりつつある。そんな世の中を少しでも良くしたい想いです。

ガンに罹患された方の心の拠り所となり、ガンに関する正しい知識を伝え、多様性を受け入れられる世の中にしていきます。

社員:長谷部博昭(はせべひろあき)

品川で行政書士をしている長谷部博昭です。地域(町内会、商店街など)と行政との共生のサポートをしています。また外国人のVISA手続きも行なっています。そんなこともあり「人権」というテーマはいつも考えさせられることが多い環境にありました。
この活動を知り、NPO法人の設立手続き、そして発足後の運営に関わりたい。困っている人への一助になれればと思い参加しております。がんに関わる人たちとの共生が実現できる社会をスタンダードにすることを目指して活動していきます。

社員:長尾聖生(ながおきよみ)

東京都の公立学校で音楽講師を35年続けています。TV局などでの映像制作業務を行う仕事も行い会社を経営しています。 7年前に喉に癌ができて入院治療。その後復帰し以前と変わらず仕事に従事しています。
長年吹奏楽の指導に携わり、指導した学校の多くは短い時間の指導でコンクールの金賞受賞。先生はカメラマンとしてフジテレビの情報番組で取り上げられました。めざましテレビの音楽ネタでも何度も出演しています。
2人の子どものパパです。若い頃家庭教師や塾講師の経験もあります。現役の中学校の教員ですので皆さんと楽しく勉強しましょう。

株式会社オール・コレクト
代表取締役

社員:提携会社 株式会社きよらエデュケーション:荻野 桂(おぎのけい)

業務提携
株式会社きよらエデュケーション 教育サポート事業部門

横浜市港北区にて、「学童保育+学習教室ソフィアキッズ大倉山」「MANABI&ASOBIくらぶ 大倉山夢うさぎ教室」を運営。 「算数・国語・英語」といった教科学習指導の他に、「プログラミング学習」「速読解・思考力講座」といった新しい視点による楽しい学習も取り入れています。 少人数制による丁寧な指導が特徴です。

株式会社きよらエデュケーション

社員:小塚 幸恵 (こづかさちえ)

私は、伯母とお友達をがんで亡くしています。 2人ともとても前向きに治療をしながら、ギリギリまで仕事をし、笑顔でいることを大事にしていました。そんな二人の前で私は、普段どおりにいることを心がけて接していました。

ピュアスマイルスタジオの活動にお声掛けいただき参加するのは、がんの人が、もっともっと生きやすい世の中になるように、がんを正しく知ってもらい、すべての人に優しい世の中になりますように。と言う想いのもと参加させていただいています。

ここでの活動は、私自身が個人的な想いにもつうずるものもあります。私はこの想いを持って、私が居るその場所をさっちゃんち。と名付けました。以下私の活動の想いです。 『ありのままのあなたを好きになってほしい。 あなたの知らないあなたに気づき、 いつの間にか忘れかけていた楽しさや喜びを、 もう⼀度、⾒つけよう。 はりつめた⼼をゆるめて、無邪気な⾃分にかえる場所。 気⼼しれた友だちの家のように 「さっちゃんち。」と呼んでください。 ほら、幸せの種がここにあるよ。』

ページトップへ