コロナと保険、がんとコロナ

最新の医療保険に加入していると、コロナに感染した時に一時金がもらえたりします。

10万円プラス、日額✖️療養期間とかね。

それで保険の見直しが増えているのも事実なんです。
ここまではいいのですが・・・・。

保険会社との打合せがあり、とんでもないことを聞きました。

 

コロナになると最高で70万!???

一瞬、固まりました。
私は、そんな保険があることも初めて知りました。

家族4人で加入し、PCR検査をやりまくり全員陽性。70万✖️4人🟰280万円を受け取り、即解約。それなりに毎月の保険料も高いはずですからね。

これは、保険金詐欺!と言いたいところですが、法的には問題ないのです。モラルの問題です。

有り得ないです。

このようなことが続けば、一時金という特約もなくなる可能性があります。
既に某保険会社では、一時金の上限を下げています。

一番心配なのは、保険を必要としている人に保険金が届かなくなるのではないかということです。

保険の意味を考えないといけないですよね。

がんとコロナって関係あるの?

コロナが流行り始めた頃に、乳がんの治療中の岡江久美子さんが亡くなったことで多くの人に心配していただきました。岡江久美子さんとほぼ同じ治療法で、私の方が2ヶ月早く進んでいたからです。

マスコミは、岡江さんはがん治療中に感染したから亡くなったと騒ぎました。でも、翌日の新聞にはがんとコロナでの死亡の因果関係はないと書かれていました。

抗がん剤治療中や、放射線治療中は、免疫は下がっていますので、感染したら重症化しやすいというのは分かります。

がん経験者は、できれば罹患したくないというのが本音です。

先日、コロナワクチンの封書が届きました。

なんと、基礎疾患のある人に向けての4回目ワクチンの案内でした。

今までワクチンは受けていますが、基礎疾患枠ではなく普通に打っていたのです。
私が、がんという基礎疾患持ちであること、どう紐付けされたのでしょう・・・。
前回のワクチンの時の問診票でしょうか。
4回目に紐付けされたことが不思議です。

 

NPO法人ピュアスマイルスタジオ
理事長:下澤純子

Follow me!