コンセプト ~みんなが笑顔になれるプラットホーム~

 

 

ここは、がんの人のための最新の情報の場です。そして、がんの人の人権を守る場、、さらには、健常者も交えた社会貢献をし合う場でもあります。

 

私ががん告知を受けたとき、最初に医師に言われたことは「インターネットは見ないでね」でした。古い情報、正しくない情報ばかりだからです。でも、がんになって、まず見てしまうのがインターネットの情報です。私自身、見るなと言われても、すぐに“乳がん”というキーワードで検索していました。

 

古い情報ばかりという意味はすぐに分かりました。10年以上前の記事が普通に載っています。さらに読み進めていくと、民間療法や、ネットワークビジネスへの誘導であることも少なくありません。民間療法やネットワークビジネスが悪いとは思いませんが、自分の求めている情報ではないことが何度もありました。

 

そこで、がん告知を受けた人のために、ネット検索のトップに上がる最新の情報サイトをつくることができたらと思いました。

 

がんの人の人権を守る場というのは、自分ががんになることで、まだまだ差別されることがあることを知りました。それは、みなさんの心の根底に、「自分はがんにならない」「あの人はがんだからかわいそう」という思いがあるからであり、無意識なのです。2人に1人ががんになる時代。がんの専門医の言葉を借りると、“がんは天災である” 誰にでも同じだけの確率で罹患するということを分かっていただきたいと思いました。ここでは主に、がんの人の仕事の活性化を大きな課題として取り上げていきたいと考えています。

 

健常者も交えた社会貢献の場というのは、がんの人が助かることを、ビジネスとして提供していただき、あなたのビジネスも活性化してほしいという思いがあります。

 

抗がん剤治療のとき、爪を守るため、モチベーションを保つためのネイルに助けられました。講演に登壇の際のメイクにも助けられました。抗がん剤の副作用では、眉毛もまつ毛もなくなってしまいますからね。

 

忘れてはいけないことは、人生は『お互い様』であるということ。

社会貢献には、ボランティアも入りますが、ここでは、ビジネスがきちんと確立している人を対象をさせていただきます。
ボランティア活動になると、どうしても「○○してあげる」という気持ちになり兼ねないと思うからです。がんの人への感傷や哀れみの気持ちは禁物です。

 

がんの人も、健常者も、同じ地球に共に暮らす仲間としての「協力者」です。

 

ここは、みんなが笑顔になれるプラットホームです。